試験に合格するためには?

確実に合格したいなら通信講座で

試験勉強の方法には、大きく分けて3つの方法があります。

1.資格スクールに通学して講座を受けながら勉強する
2.通信講座を受けながら勉強する
3.独学で勉強する

たいていの方が以上の3つの方法の中から1つを選択することになると思います。
お金や時間が許すなら1番か2番を選択したいところですが、この不況下ですし、
3番を選択せざるを得ないという人も少なくないでしょう。

それでは、行政書士試験に独学で挑戦しても合格できるものなのでしょうか?
答えはもちろんYESですが、ちょっとNOに近い方のYESと言えるかも
しれません。
それはなぜかというと、独学で合格するためには相当な努力と
膨大な時間が必要となってくる
ことが予想されるからです。
具体的に例を挙げると、市販のテキストにひとつの問題があります。
独学で受験するほとんどの人は、書店やインターネットで
市販のテキストを買って勉強を始めるのですが、
その多くが大手の資格予備校が手がけたテキストとなっています。
それらはそもそも、予備校が受講生を集めるための宣伝を兼ねて作られたもの。その中に、受験に必要な情報やテクニックをすべて詰め込んでしまったら、
講座を受講する人が減ってしまうのは目に見えていますよね。
市販のテキストには、重要項目の絞込みがされていなかったり、
決め手に欠けるものが多いように思えるのには、そんな理由があるようです。
市販のテキストを数冊買って勉強しただけでは、なかなか合格できない
ということは、容易に想像できるでしょう?
テキストの問題以外にも独学者を待ち受ける障害は多く、それらをすべて
自力で解決しなければ合格できないことを考えると、気が遠くなってしまいます。
お金の余裕がなければできないことなので、
すべての人におすすめするというわけにはいきませんが、
早く確実に合格したいなら『資格スクールに通学する』か、
『通信講座を受講する』という方法を選択する方が賢明
だと思います。

私の場合はどうしたのかというと……
市販のテキストではなかなか勉強が進まず、
早々に独学での受験を諦めたものの、講座を選ぶ際にはかなり迷いましたね。
会社員として仕事をしながらの受験でしたので、時間的な余裕がなく、
スクールに通学するという選択肢はありませんでした。
資格スクールは都市部で開校されている場合が多いので、
地理的に通学するのは難しいという方が多いのは事実。
私のような会社員の方は、通う時間が取れないという問題もあるでしょう。
そこで最近は、通学メインだったスクールも通信講座に力を入れてきているそうです。
通信講座なら時間的な拘束もありませんし、
自宅やオフィスでも手軽に勉強できます。
結局私も通信講座を受講することに決め、たくさんの講座に
資料請求した結果、フォーサイトという会社の通信講座を受講しました。
このフォーサイトの行政書士講座の魅力については、
後ほど詳しく解説してみたいと思います。

 ※ 参考リンク ※
行政書士 実務家インタビュー
 行政書士をめざしたきっかけや、現在どのような仕事を
 主に担当されているのか等、独立開業している行政書士の
 インタビューを読むことができます。
 行政書士をめざすにあたっては、非常に参考になる内容かと思います。

サイト集