行政書士の資格を取るには?

まずは試験の概要を知ることから始めよう

行政書士を受験しようと考えている人はすでにリサーチ済みかもしれませんが、
興味を持ち始めたばかりの方のために、まずは行政書士試験の概要から
ご紹介しましょう。
ポイントは、受験資格が特に定められていないということと、合格者に定員が
なく、合格基準を満たしている人なら誰でも合格できるということ。
試験科目の内容なども、しっかりチェックしてくださいね。
詳しい内容は、行政書士試験研究センターのHPで確認してください。

行政書士試験概要
※財団法人行政書士試験研究センターから発表されている、
平成21年度試験の概要を抜粋しました。

●受験資格
年齢、学歴、国籍等に関係なく、だれでも受験することができます。

●試験期日
例年、11月第一週日曜日

●試験の科目及び方法

  1. 試験の科目

  2. ・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)
    憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、
    行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を
    中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、
    法令については、平成21年4月1日現在施行されている法令に関して
    出題します
    ・行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題)
    政治・掲載・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

  3. 試験の方法

  4. 試験は筆記試験によって行います。
    出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
    ※記述式は40字程度で記述するものを出題します。

●合格基準
次の用件をいずれも満たした者を合格とします。
ア 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、
  満点の50パーセント以上である者。
イ 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、
  満点の40パーセント以上である者。
ウ 試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者。

※合格基準については、問題の難易度を評価し、
補正的措置を加えることもあります。

 ※ 参考リンク ※
行政書士 実務家インタビュー
 行政書士をめざしたきっかけや、現在どのような仕事を
 主に担当されているのか等、独立開業している行政書士の
 インタビューを読むことができます。
 行政書士をめざすにあたっては、非常に参考になる内容かと思います。

サイト集