就職や転職に有利な資格なのか?

残念ながら就職や転職には影響なし… 別の道に活かそう

『行政書士の資格は、就職や転職の際に有利に働くのか?』
就活を控えた学生さんや転職を考えている方にとっては、
とても気になるポイントでしょう。
残念ながら、答えは“No”です。
このことについては、私の実体験から少しお話しましょう。

私がまだ最初の会社に在籍していた5年前、会社にはナイショで行政書士試験の勉強をして見事に合格、行政書士の有資格者となっていました。
ワケあって転職することとなり、次の会社の面接を受ける際、
履歴書には当然行政書士資格者であることを明記して、
面接当日もそのことをアピールしてみたのです。
面接した人事担当者の反応は、「はあ? 行政書士って何する人なの?」
いうような冷めたものでした……。

行政書士の資格は、社会保険労務士やFPのように、
企業に在籍しながらその資格を活かして働くというタイプの資格ではありません。
独立開業型と言われるタイプで、行政書士事務所などに就職する以外は、
ほどんどの書士さんが開業してこの仕事をしています。
サラリーマンが副業として行政書士の仕事をすることは
禁止されていますから、サラリーマンとして人生を歩みたいのなら、
この資格を取得してもあまり意味がない
と言えるでしょう。

ただし、この仕事にはサラリーマンにはない、
大きな魅力があることもお伝えしなければなりません。
次のページでは、行政書士という仕事ならではの魅力や
特徴についてご紹介します。

 ※ 参考リンク ※
行政書士 実務家インタビュー
 行政書士をめざしたきっかけや、現在どのような仕事を
 主に担当されているのか等、独立開業している行政書士の
 インタビューを読むことができます。
 行政書士をめざすにあたっては、非常に参考になる内容かと思います。

サイト集