行政書士の正体とは?

たくさんの書類を扱うプロフェッショナル!

行政書士の仕事を一言で言えば、許認可申請などの
書類を依頼主に代わって作成して申請する、代書屋さん。

そんなの自分でやればいいのに、と思われる人もいるかもしれませんが、
こういった申請は、慣れていないと面倒なもの。
しかも、公的な書類を書かなければならないことって、
社会生活の中では意外と多いんです。
会社を興したりお店を開いたり、新しいことを始めるときは、必ずと言って良い
ほどお役所からの許可が必要ですし、車を買ったら車庫証明が必要になります。
遺言書やちょっとした契約書など、
公的な書類というのは挙げたら切りがないほどあります。
一説では、数千から1万種類にも及ぶと言われているんですよ。
そこで、それらの書類を正確にかつ迅速に処理するのが、
行政書士の仕事というわけなのです。
具体的には、以下のような仕事が挙げられます。

  • 飲食店などの営業許可申請
  • 建設業の営業許可申請
  • 風俗営業許可申請
  • 株式会社の設立
  • 外国人のビザ申請など国際的な業務
  • 車庫証明など自動車関連
  • 交通事故の損害賠償請求
  • 相続や遺言書の作成など
  • 各種契約書の作成

行政書士は、遺言書や細かな契約書の作成などの個人的な依頼から
法人の設立まで、あらゆる業務をこなす書類のプロフェッショナル。
しかも、書類を作成するだけではなく、依頼主の利益を守るために法律の
見地からアドバイスをする最も身近な町の法律家という顔も持っているのです。

 ※ 参考リンク ※
行政書士 実務家インタビュー
 行政書士をめざしたきっかけや、現在どのような仕事を
 主に担当されているのか等、独立開業している行政書士の
 インタビューを読むことができます。
 行政書士をめざすにあたっては、非常に参考になる内容かと思います。

サイト集